本れびゅ。

小説やライトノベルなどの感想を思うがままに。

<最近の更新>

喫茶店タレーランの事件簿  また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を    2013/12/09
十二国記 図南の翼    2013/10/22
スロウハイツの神様    2013/09/01
プリティが多すぎる    2013/08/23
十二国記 丕緒の鳥    2013/08/05
心霊探偵八雲 another files いつわりの樹    2013/08/04


プリティが多すぎる

2013/08/23更新  ≪大崎梢≫ ≪文芸春秋≫ ≪2012年発行≫ ≪2013/08

プリティが多すぎる

『プリティが多すぎる』
大崎梢著 文芸春秋


どピンクで、ハートやリボンなどでデコレートされたような表紙に、
「なんじゃこりゃ」と思う読者も多いと思います。とくに男性は。
私も最初そう思ったんですが、あらすじを聞いて納得。
そして興味を持ちました。

ローティーン雑誌の編集に異動になった主人公が、
専属モデルたちと触れ合いながら成長していくというお話です。

知らない世界を知るというところに、職業物の面白さはあると思います。
ローティーン雑誌の話なんて聞いた事も無かったし、
そういう雑誌の専属モデルの事なんて考えた事も無かったので、
まずそこに興味を惹かれました。
可愛いモデルの撮影会など、楽しい話なんだろうなぁと思ってました。

が、読んでみてビックリ。
そこにあるのは、見た目からは想像も付かない、シビアな世界。
主人公を、社会では当然ともいえる理不尽が襲います。
そして、編集者としていろんな失敗や挫折を経験します。
モデルたちも、中学生の頃からモデルという過酷な競争社会に自ら飛び込み、
悔しい思いをしながらも、仕事ではニコニコ笑って撮影に向かう。
他にも、カメラマンやスタイリストなど、雑誌に関わる色々な人々も描かれていて、
みんながそれぞれの仕事に向かう真剣な姿に、心を打たれました。

きっと多くの人が味わったことのある、苦労や挫折、失敗や成功など、
いろんな事を思い出してしまい、胸が苦しくなったり、楽しくなったりして、
最後には思わず涙が出ました。

もちろん、読者層の特殊性や、撮影などの大変さ、
中学生モデルたちの大変さなど、職業物として大変面白い出来になってます。

この世界は、甘くも可愛くも無い。
でも真剣な姿が美しく見える。
頑張ろう、と素直に思える。そんな一冊でした。


 



◎本れびゅ。

作者

岡崎琢磨
小野不由美
神永学
大崎梢
辻村深月
 →作者毎一覧

出版社

角川文庫
講談社
新潮文庫
文芸春秋
宝島社文庫
 →出版社毎一覧

発行年

2010年発行
2012年発行
2013年発行
 →発行年毎一覧

記事更新日

2013
12 10 09 08
 →記事更新日毎一覧

ワード検索